自由診療について

保険内のかぶせ物で白が認められているのは前歯6本分です。
それ以外の歯に白いかぶせやつめものを入れたい場合は、保険診療ではなく、自由診療になります。

*白いかぶせ・つめものの種類

Ceramic

セラミック

 ■オールセラミック(陶器)

  ・天然歯に近く、変色しにくい。
  ・金属を全く使用していないので、金属アレルギーの方にも安心。
  ・歯ぐきの変色(黒ずみ)も起こりにくく、割れにくい。
   但し、歯を削る量が多くなる事があります。

 


MB

MB

 ■MB~メタルボンド~(陶材焼きつき鋳造冠)

  ・見た目がよく、変色しにくい。
  ・中身が金属のため、割れにくく、ほとんどの歯に使用可能。
   但し、裏面から少し金属が見えます。

 


esutenia

エステニア

 ■エステニア(陶器とプラスチック)

  ・見た目が良く、硬すぎないので周囲の歯を傷つけません。
  ・色調はオールセラミックやメタルボンドには劣るところがあります。

 

 

*その他のかぶせ物、つめ物

 一度かぶせたり、つめたりしても、その縁からまた虫歯になってしまうこともあります。
 歯との適合性が良く、比較的に虫歯になりにくい物としてゴールドがあります。

 

gold

ゴールド

 ■ゴールド(金)

  ・金属だが、柔軟性があり、ほとんどの部位にできる。
  ・歯ぐきの変色も起こりにくい。
  ・適合性がよく、二次的な虫歯になりにくい。
   但し、前歯に使用される方はあまりいません。
  

 

*入れ歯

マグネットデンチャー

マグネットデンチャー

 ■マグネットデンチャー

 残っている根と、入れ歯の両方に磁石を入れることで、入れ歯
 の接着力が強くなり、落ちにくく(外れにくく)咬み易くなります。


ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

 ■ノンクラスプデンチャー

  従来の部分入れ歯にみられる、金属のバネがありません。
  残っている歯に負担をかけることなく、入れ歯を固定します。


金属床

金属床

 ■金属床

  従来の義歯床と違い、金属なので強度があるため、厚みを薄く
  することができます。また、熱伝導がよいため、食物の温度を
  感じやすくなります。

 

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。